スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- スポンサー広告 * TB(-) * com(-) *
貴重な、lesson


いやー、先週はね、
本当二宮・にのみや・NINOMIYAの週な感じで。
久々にアドレナリンが沢山放出したような(ぇ)
いやいや、でも本当に、久々に頭の中が完全二宮でいっぱいに。
今までも、もちろんにのみは頭にあったんだけど
他にもやることたくさんあって、中心じゃなかったというか。
そんなわけで、久々の感覚でしたね。

ええ、もちろん、今もそれ続いてますけど(笑)

しょ、…しょがないじゃん!というしか(;´∀`)

まぁそれはおいといて。
今日は私事でも。

昨日は、私の町のおっきなボーリング場である
Special Olympicに参加してきました!
でも、選手としてじゃありません。
どっちかというと、helper…まぁボランティアとして。

名前で気づいたかもしれませんが、
そうです、これは障害者の方たちのボーリング大会。
州のいろいろな障害者団体から選手たちが
年に一度集まって、行う、おっきなイベント。

毎回参加してますが、
私はこのイベントが、本当に好き。

アメリカに来て、どれだけのものを手に入れたかって
自分からはちょっとわからないんですけど、
一つ自分で挙げるとしたら、多分それは
生まれつきのハンディのある
障害者の方たちとの面と面で向かい合うっていう機会。
きっと日本で平凡な高校生してたら
自分では見向きもしなかったんじゃないかなーって言う事。

何で好きなのって言われると、
…なんでだろうなぁ。
自分ボーリングできるわけじゃないんだけど(当たり前)
一日、観てるだけなんだけど、
その、観てるだけでも…すごく、なんだか不思議な気持ちになる。

って答えになってませんって話です(苦笑)

私の仕事?っていうか、やることは本当簡単で。
一日中約6人くらいの選手の担当をするんです。
障害の重度さはさまざま。

だから、よっぽど人懐っこい人でなければ
初めて会う私なんかには、初めの方は見向きもしないんです。
でもこれは誰だってそうですよね、普通。

でも、試合が進むにつれ、
例えば投げ終わった後に、私が「nice ball!」「good job!」
って、poorなボキャブラリー(苦笑)で言葉を投げかけると
そんな、たったの、軽い言葉にも、
すっごく笑顔で反応してくれたり
hi-fiveやhugをしにきたりするんです。
たとえ言葉がなくっても、なんらかの形すごく素直に応えてくれる。
そんで、試合が終わる頃には、軽い会話があるの、
私と彼等の間に。

私は、もともと、社交が苦手で、しかも言葉も下手で
今までも何度も「積極的に友達を作る方じゃない」って
行ってきたと思いますが、
そんなの関係なくって、
そこにいる私と、communicationしてくれてるんだって
いっつも此処に行くと思います。

どんなに違う人生を送ってきたとしても
笑いあえることが可能だっていう、
当たり前だけど、忘れがちの事実を
毎回教えられる、そんな気分になりマス。

きっとこれは日本にいたら、
友達がいつも周りにいて、人と交流することに
なんの難しさも感じないで生活してたら
きっと気づいてなかったんだろうなって。

今年で3回目でしたけど、これに参加したの。
来年は、もう参加しないのかなぁ…そうだよねぇ。


なんて思ってたら、気づいた!( ゚д゚)ハッ!


そそそっ、卒業まで、
あと、200日!!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー!!

待ってろよ、日本!待ってろよ、嵐!!!
(あの、凄くテンションが変わりすg/爆)

★コメントレス★
READ MORE
スポンサーサイト
2006/11/20 ジブンゴト * TB(0) * com(0) *
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。