スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- スポンサー広告 * TB(-) * com(-) *
いえる事は。


もう、なんだかパニクっててよくわかんなくって。
ニッカンの記事を、Yahooで見てたらもう余計に
なんだか「???」って状態になっちゃって。

にのちゃん、

・・・

にのちゃん・・・!

って感じなのね、物凄く。今。(意味不明)

事の重大さを何度も何度も思い知らされてるつもりで、
でもしかも今回はスポーツ新聞の一言で
こんなにも「いっぱいいっぱい」にさせられてしまうとは・・

なんかもう、放心状態に近い感じで
いろんなブログを回っていたのね。
嵐ファンの人は、みーんなびっくりしちゃうと同時に
「え?え?本当!?にのすごい!」って感じなんだよね。
そうなの。みーんな同じ気持ちなんだなぁって。

だってそれ以外の反応がないって?(;^ω^)
それもそうだ。

硫黄島からの手紙は、今の時点では
アメリカでの公開は来年の2月となってて
2007年にあるアカデミー賞の
ノミネート作品の対象とはなってません。


配給側が動き始めてる、といっても
作ってる側の意向がどこを重視してるか
はっきりはしてないから、
これが変わるってのはまだ分からない。
うーん。賞が全てではないから…

だけど、
二宮和也が。

米国で無名の二宮和也が、
認められてる、評価されてるっていう事実は
揺ぎ無いものであって。絶対のFactであって。

その事実に喜ばずには、絶対いられない!!っていう
気持ちがどんどん、湧き上がってきちゃいました。

アラシゴト、読み返しちゃった。
ニノの、お芝居への想いをもう一度確認したくって。
ピクトアップが来たら、現在の「役者二宮和也」を
少しだけのぞく事、出来るかなって思ってますけど。

もう、なんだか
期待しちゃう!とかそんなん通り過ぎて
今は、二宮和也が、全力でやってきたことを
観れる日を、待つだけなわけで。

どんな舞台にいるニノでも、
私たちが溺愛してしょうがない嵐の二宮和也なのは
変わりない。

嵐のいいとこは、お仕事にまっすぐなところ。
一人ひとり、みーんなが。

二宮さん、改めて此処で、
もう何度も言わせてもらったかもしれないけれど
また此処で、コレだけ言わせてください。

にのち、
この作品がにのちの中で大きなものとなったように
私の中でもきっと大きなものとなると思います。

硫黄島からの手紙、出演、おめでとう。
これからも、にのちの、
お芝居への、お仕事への真直ぐな想い
信じさせてください。

***

昨日までのコメント皆さんありがとうございます!
今日はちょこっとTOEFL疲れ
(又は昨日の国際映画祭鑑賞疲れ。笑)があるので
明日にはお返事させていただきます!!
スポンサーサイト
2006/10/22 ニノミゴト * TB(0) * com(1) *
<<お返事遅くなりました!! | ホーム | 来るなら来い!(ぇ)>>
comment
**
本当に信じられない(゚Д゚)こんな日が来るとは!どーしよー!本当にノミネートされて賞とかとっちゃったら(((;゚Д゚))) (こっちがオロオロしてどうする(笑))でも本当に取ってほしい!だって頑張ったんだもん。その成果を誰か評価して(*´Д`*)
今日のスポーツ新聞にも「これでもかっ!」ってくらいでっかい字で「二宮オスカー」って書いてあったし、なんてったって一般紙の朝刊にも載ってたからねぇ。これまたでっかく!!「父親~」に出演した方と握手してる写真も付いてたし(゚Д゚ノ)ノ本当に本当にすごいことみたいです☆彡
2006/10/22 URL * みさき * -(EDI)
Post













管理者にだけ表示許可

Trackback
TB url
http://budcomesout.blog50.fc2.com/tb.php/195-44c78cf6
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。