スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- スポンサー広告 * TB(-) * com(-) *
父親たちの星条旗。


観て来たよ。

観て来たよー学校の帰りに車飛ばして。

日本では鉄コンが初公開となる今日
私は「父親たちの星条旗」を観に行ってきました。

前から、英語ではあるけれど、
Flags of Our Fathersの原作は読んでて、
実話って事もあるから、凄く忠実でした。

ネタバレはしない程度に。


戦争に、ヒーローはいない

そのメッセージを今のアメリカに伝えるべく
クリントさんが、少しでもそう意図して作った映画なのなら
本当多くの人に見てほしい。

映画館に座っているのはどちらかというと
シニアに近い人ばかりでした。
だけどね、皆、映画が終わっても最後のエンドロールが
終わるまで、座ってるんです。
写真を全部、見てるんだよね。


現在のアメリカは、他の国を「敵」と呼びません。
戦争をしても、例えば最近で言えば大統領が言った[Evil Axis]
相手のことをEvil、つまり「悪」と呼んでいます。
ステレオタイプ化はしたくないけれど、
彼等を食い止めることを、アメリカは「正義」としています。


でも本当の正義、本当の英雄って存在するのでしょうか。


それは人が作り上げたものであり
その人たちが望んだものじゃない。

特にね、アダム・ビーチさん(にのちに話しかけてた人)の
お芝居を見て、本当に心が痛かった。
途中で「あっ」って、この人の運命を本で読んだときのこと
思い出して、その後から、違う感情でずっと見つめちゃった。

他にもね、原作の人物と、役者さんが一致したときに
「あ、確かこの人は…」って思い出して、
その先を観るのが怖かったときも何度かありました。

実際目も何度か覆った。
だって・・・そうするしか、耐えられる方法ないと思ったから。


色々な人に、見てほしい。
特に私の同世代の人とか。
これからのアメリカを、作っていく人たちに。


作りに関して。
私、クリント監督の映画をたくさんみたことがあるわけじゃ
ないので、あまり偉そうには言えないんだけれど
監督の映画の雰囲気がしたな。
あれは監督しか作り上げることの出来ない、空気だと思う。

観てる人を映画に引き込む、っていうのとはちょっと違って
映画の中の世界と、観てる人の世界にちゃんとラインがあるの。
でもm想いとメッセージが伝わってくる。
静かに、でもしっかりと。
「ミリオンダラーベイビー」と同じように
此処が山!とかそんなのは無いんだけれど
観た後ちょっと動けなくなるような、そんな感覚にさせられる。

あーあと、きっと。
字幕が無いことが、余計にそう感じさせたのかもしんない。
もちろんこっちに来てからですが、字幕は必要なくなりましたね。
そのおかげで、文字に頼らずに
その人の声で言葉が運ばれてくるって感じがモロにする。


はー、とりあえず。
にのちが、そんな監督の映画に出てるんだね。
2月9日…私は一日映画館にいようかな(苦笑)


いやいやいや、話を戻して。
でも、是非。
原作を読んで無い方でももちろんOKだと思うので
硫黄島~とは切り離して、この映画、観てほしいなって思います。
2006/10/24 硫黄島からの手紙 * TB(0) * com(1) *
お預け?


…?

マジだったら、泣くよ。゚(゚´Д`゚)゚。

噂であってほしい!!!

…何故に2ヶ月も…。・゚・(ノД`)・゚・。

祭りはまだまだ先ですかねぇ…
2006/10/12 硫黄島からの手紙 * TB(6) * com(3) *
公式サイト


・・!
いつも情報を教えてくださる方にメールを頂、
早速いってみると・・・!!

社長ありがとう!(←違うから)

いや、クリント監督、ありがとうございます。
「異国」っていう事実を嫌に感じなくて済みました。

予告編、観ました。

二宮和也

いたね。

・・・どうしよう、この前の硫黄島の特集観てから
とっても・・・複雑っていうか。
観たい観たいっていってたけれど
いざ観るとなんだか震えてしまいます、心の底から。

+++
それとね、イーストウッド監督からのメッセージも大切にしたい。

第二次世界大戦で、自国の戦争の歴史に終止符を打った国に、
その後も戦争を続ける国の、一人の人間からのメッセージ。

私はアメリカに住んでいて、テレビ見たり、もちろんしますけれど
一日中どこかでテロ事件やイラク、そして今でこそ
レバノンでの攻防が絶対放送されている。
当たり前なのかもしれないけれど、
それを当たり前を思ったら、最後。そう思ってます。

どっちが悪い、じゃない。
どっちが悪いなんて言い合ってたら、一向に戦争は終わりにならない。

ね、監督。
戦争は、何も生まないんですよね。
2006/08/15 硫黄島からの手紙 * TB(0) * com(2) *
硫黄島 予習しようっ


いつもいつも、メールで情報を教えてくださる方から
これまた今日も教えていただいたので、此処に書いちゃいます。

8月7日(月)夜10:00~ NHKスペシャル
「玉砕の島"最激戦地・硫黄島の真実"(仮)」


アオゾラペダルラッシュの方は、とりあえず他ブログさんも
たくさん書かれてるので宜しいかと思います(苦笑)

硫黄島。
私、父親たちの~の読み終わってるのですが
まだ、頭に入ってる情報が新鮮なうちに、もっともっと
色んな事、知っておきたいと思います。

・・・ふっ
こっちでもやるんだよん!!11日に♪
これだからNHKは好きだ!

・・・スタジオ○ークにでも出ようよ、にのち!笑
2006/07/27 硫黄島からの手紙 * TB(0) * com(2) *
クリントさん。


昨日「消えます」なんて言ってて、
今日出てきた、意思の弱い人間です。苦笑

いや、もやもやしてたんだけれど…
ある方たちが、救ってくれた気がするんだよね。
そう、あの五人が…

…まぁこれは後日時間のあるときに
なっがくってかったるーい感想を添えて書きます。笑

★BAFTA lauds Eastwood with Kubrick award

これはイギリスの…映画の、なんかの賞ですよね?(知らないヤツ)
おめでとうございます、クリント監督w

Eastwood is producing and directing the DreamWorks/Warner Bros. Pictures World War II drama "Flags of Our Fathers," about the Battle of Iwo Jima, which will be released in October. He is concurrently producing and directing a companion film, "Letters From Iwojima," told from the Japanese perspective, which will be released next year.

…えっ!?来年!?そりゃないぜ?
…今年中にお願いしたいですね、ハイ(苦笑)

それでも、いい宣伝にはなってるよ!(そこかよ)
ついでに入っちゃえ、Letters from Iwojimaも。



…昨日は
READ MORE
2006/07/12 硫黄島からの手紙 * TB(0) * com(2) *
西郷さんの仲間たち


★Movie Walker レポート

みみみみみ、みーこの写真は、ないかぁ…(苦笑)

歴史上に名前が残っている栗林中将役、渡辺謙
栗林と運命を共にする若き兵士西郷、二宮和也
ロサンゼルスオリンピックの馬術競技の金メダリストである兵士、西竹一、伊原剛志
理想主義の元憲兵隊員清水に扮する、加瀬亮
栗林の奇策を拒絶する厳格な兵士、伊藤大尉を演じた、中村獅童

なんか名前だけ並べてみると凄くインパクトあるよ。気のせい?
西郷しゃんっ…(ぇ)
2006/05/03 硫黄島からの手紙 * TB(0) * com(0) *
製作報告会見inJPN/US


祭りだー!!!

★巨匠イーストウッドが二宮らベタぼめ
★C・イーストウッド 日本初会見★嵐の二宮が撮影“裏話”披露
★クリント・イーストウッド監督による前例のない2部作、
 『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』製作報告記者会見!

★イーストウッド監督、日本初会見に報道陣750人殺到
★イーストウッド監督 44年ぶり来日会見
★イーストウッド監督が44年ぶりの“超プレミア”会見
★イーストウッド「日本の気持ち」描く…製作会見
★戦争の恐ろしさ、イーストウッド監督伝える
★硫黄島映画:イーストウッド監督らが都内で会見

二宮ファンにお優しかったのは~
皆さんもご存知 MAMO's memo ですかねっ♪

ピーナッツ監督(違うから!)
厳しい、って聞いてたけど凄く優しかったのかな?
ニノは、どこにいってもニノだねぇ。凄く人を観察してるっていうか(いい意味で)

この記事にはあとで付け足しますよー。だって書き足りないもの!

++

付け足しとして。

あのさ、
言い訳するのもなんですけれど。
きっと大丈夫@少クラ、リピしすぎて
こっちの番組何も見てなかった!ごめんなさいた!爆
本当、…なー(苦笑)
でも記事とか観てると、名前は残念な事に(苦笑)
クリントピーナッツ監督、そしてまぁ大体の場合謙さん、
という状態になってるから、こっちでやっても
名前は出てない、と思うのでご安心を(苦笑)

★USA TODAY/Eastwood: Iwo Jima films honor both sides of WWII


ってかほとんど同じ記事なので、こんなもんでしょう。
とりあえずクリントさんは、日本の若手俳優を気に入ってくれたんだって
それだけでも知れて凄く嬉しいことでしょう。
にのちゃんも、きっとクリントさんのこと大好きだよ!笑

でもさー、あの、USA TODAYのやつ?
Flags~が、Augustって書いてあるんだけど…10月だよね?
夏は他の映画もたくさんだしなぁ(苦笑)
8月に見たいけれど…やってくれないかなー。早くッ!

Release dates for
Flags of Our Fathers (2006)
Country Date
USA 4 August 2006
Argentina 24 August 2006
Finland 20 October 2006
Belgium 25 October 2006
France 25 October 2006
Netherlands 26 October 2006
UK 3 November 2006
Germany 9 November 2006


ってのを掲示板で見つけたけれど、うーん。
これは…以前までの、だよね(´ε`;)

++

★二宮和也、クリント・イーストウッドにツッコミ

じいちゃんに好かれる和也ッ
さすがだねッ
2006/05/01 硫黄島からの手紙 * TB(0) * com(1) *
lllback | Home | nextlll


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。